MENU

カヌースクールの特徴

子どもたちの『運動能力』と
『人間力』を育みます

オーパルのカヌースクールは、ただカヌーができるようになるだけではなく
年齢や発達に合わせたさまざまプログラムを通して、お子さまの『運動能力』の向上と
社会性やコミュニケーション能力といった『人間力』を育みます。

カヌースクールの生徒の様子
  • カヌースクールの生徒の様子
    人生を豊かにする能力

    子どもカヌースクールではお子さまの『運動能⼒』と『人間力』を育むという理念の基に、子どもたちの成長や興味に合わせて様々な運動をしています。

    身近な生活の場にカヌーを取り⼊れ、生涯スポーツとして取り組むことで、スポーツの原点である「楽しさ」を感じながら、爽快感や達成感・他者との繋がり・健康の保持増進など「人生を豊か」にできる能力を養っていきます。

  • カヌースクールの生徒の様子
    ゴールデンエイジの運動効果

    5歳〜15歳の子どもの運動神経や人間力が著しく発達する、
    一生に一度だけの特別な時期を“ゴールデンエイジ”と呼びます。

    運動神経の良さなどは生まれつきの才能ではなく、この時期の 過ごし方が運動能力に大きな影響を与えます。
    オーパルでは上達度合いにあったプログラムを組むことで、⾊々なスポーツに対応する⼒を養います。

オーパルが育む能力

運動能力

運動能力

スポーツをするときは「リズム能力」「バランス能力」「変換能力」「反応能力」「連結能力」「定位能力」「識別能力」といった、7つの能力が複雑に組み合わさっています。
運動能力を高めるには、ゴールデンエイジ期にこの7つの能力を育むことが重要となります。

  • バランス能力
    1バランス能力
    バランスを崩しても、プレーを続ける能力
  • リズム能力
    2リズム能力
    動きを真似たり、イメージ通りに動く能力
  • 識別能力
    3識別能力
    手や足、道具等を正確に動かす能力
  • 変換能力
    4変換能力
    状況に合わせて素早く動作を切り替える能力
  • 連結能力
    5連結能力
    関節や筋肉をタイミング良く動かす能力
  • 定位能力
    6定位能力
    距離や空間、状況を把握する能力
  • 反応能力
    7反応能力
    合図等に素早く反応する能力

運動能力を高めるには?

現在、「転ぶときに手をつけない」「自分の思い通りに身体が動かせない」という子どもが増えています。
この原因の1つに、外で遊ばない(遊べない)という環境が大きな要因となっています。
昔なら縄跳び、鬼ごっこ、缶けりといった多様で豊富な遊びを通じて身につけていた動きを身につけることが出来ません。
結果、いわゆる運動音痴に繋がっています。
運動能力は、五感で捉えた情報を脳がすばやく処理し、脳からの指令通りに身体を動かす力のことです。

オーパルでは「リズム能力」「バランス能力」「変換能力」「反応能力」「連結能力」「定位能力」「識別能力」の7つの能力を使う運動を取り入れることで、脳からの指令の正確さ・速度を高めて、運動能力を上げることを目指します。

人間力

人間力

挨拶・思いやり・責任感といった、世の中を生き抜く力。自ら考えて行動する「考動力」。
チームメイトと関わる中で知る「多様性」。個の力を活かし、チームメイトと一つのことを成し遂げる「協働性」。オーパルでは、練習を通してこれら全ての「人間力」を育みます。

  • あいさつは先にしたもん勝ち
    あいさつは先にしたもん勝ち
    あいさつは礼儀作法の基本となります。まずはスタッフや周りの大人が気持ちよく挨拶する姿を見せて、自然とあいさつできる習慣が身に付くようにしています。
  • 思いやりの心
    思いやりの心
    チームで協力しながら練習する経験を通して、周りの子どもたちへの気配り・目配り・心配りが出来るようにしていきます。
  • みんなで協力する
    みんなで協力する
    一人はみんなのために・みんなは一人のためにといった仲間を大切にする気持ちや、様々な視点を持つことの大切さを伝えています。
  • 弱者にやさしい人ほど強者
    弱者にやさしい人ほど強者
    人に優しくできることの大切さを伝え、悩んでいる子や困っている子がいたら、助けてあげられる子を育てます。
  • 率先して行動する
    率先して行動する
    ごみ拾いや片付けなど、例え人がやりたがらないことでも、なぜその行動が必要なのかを一緒に考え、主体的にしようとする気持ちを育みます。
  • 『感謝報恩』の理念
    『感謝報恩』の理念
    集団活動の経験を通して、「ありがとう」など感謝の気持ちを素直に言葉で表現する大切さや、身近な人へ自分の成長した姿を見せることで恩返しをするということを伝えます。

プログラムについて

  • 基本動作
    基本動作

    カヌーの漕ぎ方、乗り方、落ちた時の対処方法など基本動作を行います。初めてのお子さんでも安心して体験が行えます。また、水上活動をする上で重要な、状況判断やレスキュー等自己防衛能力も学びます。

  • カヌーポロ
    カヌーポロ

    カヌーポロとは、カヌーに乗りながら、ボールをパスやドリブルで進ませゴールをするスポーツです。カヌーでの細かい動作やボールの扱い方を覚えます。

  • バランストレーニング
    バランストレーニング

    スポーツをする上で必要不可欠なバランス能力を養います。カヌーに乗るだけでも向上しますが、カヌーに立ったりして遊びながらバランス感覚を身につけます。

  • 心肺機能向上
    心肺機能向上

    LSDやインターバル、レペティショントレーニング等を行い、心肺機能向上を図ります。
    有酸素能力が向上するので、走るのも速くなります。

  • イベント
    イベント

    春にはお花見カヌーに行きます。
    その他、竹パンづくりや水上運動会、クリスマス会等楽しいイベント盛りだくさん。
    親子でカヌーに乗ることもできるので、家族の絆を深めて下さい。

  • 大会
    大会

    日本代表選手に4名選出され、世界選手権で準決勝進出やアジア選手権銀メダルを獲得しています。また、全国中学生カヌー大会や全国少年少女カヌー大会でも優勝しています。

まずはお気軽に
無料体験にご参加ください

初めてお申し込みの方を対象に、無料体験を行っております。

お子さまがカヌーが初めて・運動が苦手でも大丈夫です。
まずはカヌーや運動の楽しさを体感できるように、スタッフがサポートいたします。

Instagramで、活動の様子を更新中!